喫煙による遺伝子変異の統計であるが

肺や咽頭などで起こるのは理解出来る

 

また有害物質の解毒を行う肝臓も、なるほどである

 

それ以降の、腎臓や膀胱にまで作用が及ぶのはびっくりだ

 

つまりは体内に取り込まれた後

すべての導線で、遺伝子変異の作用を起こす危険性を示唆しているようだ

 

嗜好品の一種ではあるが

ここまでリスクが高い物となると

やはり欧米のようにたばこ税の増税で

保険費用を賄う必要があるのではないだろうか